アトピー性皮膚炎は腸内フローラが原因なのでしょうか?

今は、花粉症の人が多く困っている人が多いと思います。アレルギーに伴いアトピー性皮膚炎やぜんぞくといった症状を持っている人もます。

こうした症状は免疫が暴走する事がで起きると言われており、免疫機能の問題ではないかと思います。本来は、ウィルスや病原菌と戦って体全体をパトロールして敵を見つけては、攻撃して排除しようとします。

でも、白血球が異常に反応してしまう事が問題です。例えば、花粉などの無害な物に過剰反応してしまい暴走してしまうためで、これがアレルギー反応と言われています。

このアレルギーについてですが、腸内細菌が重要な役割を果たしているのではないかと考えれています。それは、Tレグという免疫細胞の一種です。

Tレグは、他の免疫細胞の暴走を食い止めてアレルギーなどを抑えている役割をしていると言われています。このTレグは、T細胞が変化した物で、T細胞からTレグに変化するためには、短鎖脂肪酸というのが重要になってきます。

食物繊維を多く食べるとTレグは多くなる事があります。これあ、腸内環境がよくなったからではないかと思います。特に、短鎖脂肪酸の一種である酪酸が未熟なT細胞に作用してDNAのスイッチを替える事でTレグへと変わります。

このように、腸内環境をよくする事でTレグの量が多くなりアレルギー反応が抑えらるのではないかという事らしいのです。

だから、アトピーで困っている人は、腸内フローラを整える事である程度の改善がみられるのかもしれませんね。

でも、今すぐに対策したいと考えている人は、アトピー入浴剤を利用してみるのもありではないかと思います。

アトピー用の入浴剤は、肌に優しい物が多くお風呂上りにも乾燥させずに肌をしっかりと保湿する事が出来るためアトピーの人にはいいと言われています。

また、水素もアトピーにはいいと言われており、水素入浴剤や水素風呂を利用して肌のケアをしてみると全然違う結果になると思います。

腸内フローラを改善しつつ、入浴剤を利用して肌のケアをしていくのが今ベストな対策ではないかと思います。カモミールなどの入浴剤を利用するとよりいいとも言われています。ただ、個人差が出てくるので友達が良いと言っているから自分にもいいとは限りません。

選ぶ時は、しっかりと調べてから購入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です